cocola12月号(2018)プラス

cocola12月号はこちらをクリック

 今月の説明文です。今回は、人工授精に使う精液を調整して液体から分離して精子のみを集めて子宮内に注入しますが、この精子数と妊娠率についての解説です。
下記のデーターは、当院の30年10月27日に新潟市で発表したものです。
(Ⅰ)のグラフは、調整後の子宮内に注入した全運動精子数100万別の妊娠率です。一般的な人工授精の妊娠率は、平均10%です。(Ⅰ)のグラフを見ると動いている精子数と妊娠率はあまり関係ないと考えられます。

(Ⅰ)子宮内に注入した投与全運動精子数別の周期あたりの妊娠率

 

(Ⅱ)の表は、子宮内に注入した全運動精子数を100万未満、100万~300万未満、300万~500万未満、500万~700万未満、700万~1000万未満で妊娠例に特徴の要因を調べてみました。特徴をまとめると、妊娠には排卵数2.5個以上、排卵後に人工授精を行うと妊娠率が上昇すると考えられます。

(Ⅱ)子宮内に注入した全運動精子数別の妊娠例と非妊娠例の比較検討

① 注入運動精子数100万未満 妊娠例数 非妊娠例数 有意差
例数 13例 72例  
年齢 平均31.2歳 平均33.9歳
排卵数 平均3.0個 平均2.04個
排卵後の人工授精実施数/症例数(%) 10/13(76.9%) 26/72(36.1%)

 

② 注入運動精子数100万~300万未満 妊娠例数 非妊娠例数 有意差
例数 26例 106例  
年齢 平均34.0歳 平均35.0歳
排卵数 平均2.1個 平均2.1個
排卵後の人工授精実施数/症例数(%) 19/26(73.1%) 44/106(41.5%)

 

③ 注入運動精子数300万~500万未満 妊娠例数 非妊娠例数 有意差
例数 32例 80例  
年齢 平均33.9歳 平均36.0歳
排卵数 平均2.5個 平均2.38個
排卵後の人工授精実施数/症例数(%) 20/32(62.5%) 33/80(41.3%)

 

④ 注入運動精子数500万~700万未満 妊娠例数 非妊娠例数 有意差
例数 29例 76例  
年齢 平均35.2歳 平均36.0歳
排卵数 平均2.97個 平均2.14個
排卵後の人工授精実施数/症例数(%) 17/29(58.6%) 22/76(28.9%)

 

⑤ 注入運動精子数700万~1000万未満 妊娠例数 非妊娠例数 有意差
例数 38例 79例  
年齢 平均33.5歳 平均35.9歳
排卵数 平均2.53個 平均1.76個
排卵後の人工授精実施数/症例数(%) 27/38(71.1%) 31/79(39.2%)

精子調整法については、生殖医療(不妊治療)のページ、こちらをご覧ください。

2018年11月26日